移住の仕方/移住後の仕事のコツが毎日届くラジオ

【感想】田舎暮らしブロガーのこっこさんに無料移住相談して地方移住の悩みが解決(親身すぎた2時間)

移住相談

この記事の位置付け
移住に興味がある
 (5)
移住に向けて行動中
 (3.5)
移住を実現して生活中
 (2)
訪問者
訪問者

・地方移住に興味はあるけど、何からはじめたらいいか分からない
・田舎暮らしって実際どうなんだろう?
・誰かに相談したい

こんなことで悩んでいませんか?

残念ながら地方移住や田舎暮らしは自分の頭の中で悩んでいても実は一向に解決しないタイプの悩みです。

解決する時に一番手軽でかなり効果がある方法があります。

それは「移住相談」です。



移住相談をして他人に話すと、自分が何に悩んでいるのかを言語化することができます。
そして、相談相手からのリアクションや意見をもらうことができるので、新しい視点が生まれます。時には、背中を押してもらうこともあるでしょう。


わたしも移住相談をしてみて、悩んでいたものが実はそんなに大したことじゃなかったり、考えなくても良かったことと分かり、肩から荷がおりた経験があります。




今回は、田舎暮らし案内ブロガーとして情報発信されているこっこさん(@505coccoが開催されていた「無料移住相談」企画に参加してみた流れと感想をご紹介します。




本記事を読めば、地方移住や田舎暮らしで悩まれている方が、もっと気楽に悩みを相談していいんだ!聞いてくれる人もいるんだ!、という気づきを伝えられたらと思います。

 

こんにちは!当ブログを運営している「こばだんな @iju_kobayashike」です。

筆者の簡単プロフィール

・東京で7年暮らした後に淡路島へ家族と移住
・IT企業で7年システムエンジニアを経験し退職。
・現在は個人事業主をしながら地域おこし協力隊活動を実施。
・ラジオ(stand.fm)で地方移住や地域おこし協力隊、田舎のフリーランスについて300本以上配信中
・ブログとTwitterで田舎暮らしのお金事情や”田舎で稼ぐ”を中心に発信

【要約】時間のない人向けの本記事まとめ
  1. なぜ移住相談をしたのか?
    →悩みを打ち明ける先がなく手詰まりになったから。
    →全くしがらみのない相手なら相談しやすい。
  2. 無料で親切に移住相談ができた!
    →田舎暮らし案内人ブロガーのこっこさんの移住相談企画を利用
    →2時間も悩みを深堀しつつ楽しく過ごすことができた
  3. これから地方移住や田舎暮らしをはじめたいと思ったら移住相談をしよう
[toc]

なぜ移住相談をしようと思ったのか?

わたしが移住相談をしようと思ったきっかけは、悩みを打ち明ける先がなく、将来の不安に対して行き詰まりを感じたからです。

具体的な悩みの内容は控えさせていただきますが、お世話になっている地域の人や知り合った現地の友人の方に相談する内容でもない悩みでした。

こういった時、まったく関係性がない方であれば、逆に相談しやすいと思った訳です。


なので、Twitterでこっこさんがやられていた移住相談企画に参加してみました。

無料移住相談開催中の田舎暮らし案内人ブロガーのこっこさんって誰?

今回、移住相談に乗っていただいた こっこさん(@505cocco のご紹介をさせていただきます。

田舎暮らし案内人ブロガーとしてブログやSNS、音声配信などで田舎暮らしのお役立ち情報を発信しています。


発信のコンセプトは「好きな所で、好きな人と、好きな事をして生きよう」


こっこさんは、わたしが移住を考え始めた頃にTwitterで拝見していました。

当時はよく通勤中に音声配信を聞きながら、移住したいという気持ちを高めていました。

https://twitter.com/505cocco/status/1343471204821213185

移住相談の流れと感想

ここからは、こっこさんの無料移住相談に参加した時の流れをご紹介します。

フォームから申込

移住相談の申込は、こっこさんの移住相談申込フォームから行います。

上のページから、移住相談の概要が確認できます。

申込フォームを開くとこんな感じになっていますよ。

移住相談の申し込みに必要なものはこちらです。

  1. メールアドレス
  2. お名前
  3. Twitterのアカウント名
  4. 相談したいこと(具体的に)
  5. 希望日と希望時間帯(第一希望~第三希望まで)

フォームから入力項目を入れて、送信するのに3分くらいで終わりました。

注意点

Twitterユーザー限定であることに注意してください。
事前に こっこさん(@505cocco んのアカウントをフォローしておきましょう。

こっこさんからDMで回答、日程調整

申込を終えると、後日TwitterアカウントあてにDMが届きます。

以降は、DMで日程調整をします。


こっこさんに相談する際には、相談の材料になる資料やサイトなどはあらかじめ準備しておくとよいでしょう。

  • 相談内容に関する情報
  • 参考になるサイト
  • 相談する移住先の場所のGoogle Map情報など



わたしも悩み相談に関するサイトや移住した場所などのGoogle Mapの情報を共有させていただきました。

当日ZOOMで相談会

日が近くなると、こっこさんからZOOMの招待URLが届きます


当日は、ZOOMを起動して相談開始です。

流れとしては、特に決まっていないようでしたが、こんな流れでこちらから進めていけば、後はこっこさんが上手くやってくれるので安心してください(笑)

  1. 自己紹介(簡単に)
  2. 悩みの経緯、現在の状況
  3. 相談したいと思っている事柄
  4. こっこさんにパス
こばだんな
こばだんな

よろしくおねがいします!

こっこさん
こっこさん

楽しくやりましょう!

こんな感じであとはざっくばらんに進んでいきますよ。

https://twitter.com/iju_kobayashike/status/1468222732668370948

あっという間に2時間が過ぎていってしまいました(笑)

移住に関する相談の話以外にもばりばりしましたよ。

わたしとこっこさんは両方ブログを運営しているので、田舎暮らしブログや今後の運営方針についても相談いただきました。

ブログの話も1時間くらい話していましたね(笑)

そんな感じで和やかな時間があっという間に過ぎていきました。

【伝えたい大事なこと】地方移住や田舎暮らしを考えている人は移住相談すべし

これから地方移住をしたり田舎暮らしを始めたいと思っている方は、一度移住相談をはじめてみるといいと思います。

なぜかというと、悩んでいても地方移住や田舎暮らしの悩みは解決するタイプの悩みではないことが多いからです。

それは、移住した経験や田舎暮らしを実際にしないと分からないような悩みが大半だからなんですよね。

でも経験をした人に相談することで、その経験を追体験をすることができます。

今は、オンラインで現地の担当者の方や先輩移住者の方と、気軽に移住相談できる環境ができつつあります。

都市部にお住まいの方は、ふるさと回帰支援センターなどで、相談員さんの方と一緒に考えながら検討を始めることができます。



もちろん、こっこさんやわたしのようなSNSで発信をしている方を頼ってみてもいいと思います。

こばだんな
こばだんな

僕も直接DMが来たりしています


まずは移住相談を通して、自分が抱えている悩みを言語化しましょう。


そして、相談を繰り返しながら気持ちを固めていくことが、地方移住を進める時に確実に前に進む方法です。


ぜひ、こっこさんの移住相談企画を活用してみてくださいね。

https://twitter.com/505cocco/status/1343471204821213185
本記事まとめ
  1. なぜ移住相談をしたのか?
    →悩みを打ち明ける先がなく手詰まりになったから。
    →全くしがらみのない相手なら相談しやすい。
  2. 無料で親切に移住相談ができた!
    →田舎暮らし案内人ブロガーのこっこさんの移住相談企画を利用
    →2時間も悩みを深堀しつつ楽しく過ごすことができた
  3. これから地方移住や田舎暮らしをはじめたいと思ったら移住相談をしよう

本日ご紹介したこっこさん( @505cocco )のTwitterアカウントとブログをはこちらです。

田舎暮らしをこれから検討される方は、とても参考になるブログになっていますので、ぜひご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA